生理中のかぶれ予防

~かぶれる理由~

女性にとって一番敏感な場所ですが、生理の時は更に敏感になってしまします。
沢山の女性がかぶれに悩むからこそ、軟膏等の薬も簡単に手に入る様になっているのです。

かぶれの一番の原因は、通気性の悪さです。
ナプキンで通気性が悪くなっているのに加え、出血しているナプキンを何時間も変えなければ雑菌が湧いてしまいます。
この2点が大きな原因となるのです。

~少しの改善で大きく変わる~

生理の時は、少し大きめのショーツを履く様にしましょう。
出血が漏れるかもしれないからと、ピッチとサイズにフィットしたショーツだったり、心配性な人は少し小さ目のショーツを使用してみたりしてしまいますが、これが大きな蒸れの原因となってしまいます。
又、蒸れて痒みが出てしまうからと言って、お風呂でゴシゴシ洗ってしまったり、出血を少しでも緩和させたいと、膣の中迄洗ってしまう人もいる様ですが、これもNG。
体には無くてはいけない、良い菌も持っています。
それを、ゴシゴシと洗ったり、中迄洗ったりする事によって、良い菌迄洗い流してしまい、痒みの原因になる菌を増やしてしまうのです。
洗い方やショーツを変えるだけでも、大きな変化をもたらすはずですよ。

~ナプキンをタンポンに変える~

それでもかぶれで痒みが気になる場合は、ナプキンを見直してみましょう。
ナプキンなんて、毎月消費する物だし、安いので良いと思っているかもしれませんが、デリケートゾーンという位なのですから、肌はかなりの敏感肌です。
自分に合うナプキンを見付ける事が出来れば、それだけでかぶれは解消される事だってあります。
どうしても改善されない時は、ナプキンをタンポンに変える事も視野に入れましょう。
確かに、タンポンをしてもナプキンをハメなければ不安という人も多いかもしれませんが、タンポンにするだけで、ナプキンにつく出血量は遥かに変わります。
生理が終わって少しずつかぶれが改善して、又生理が来て調子が悪くなる。
そんな負のループに入らない様に、出来る事は自分で変えて行ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です