生理の汚れをきれいに落とす方法

~基本は水~

生理中でちょっと油断してしまったら、服や下着に染みついてしまっていた。
量の多い日に寝ていたら、布団やシーツを血で汚してしまった。

そんな経験は女性なら誰しも体験した事があるのではないでしょうか?
汚れたらブルーな気持ちになりますし、出来れば誰にも知られずに無かった事にしたいですよね。
でも、血ってなかなか落ちない気がする。
そんな風に思っているあなた。熱々なお風呂で洗っていませんか?

自分がお風呂に入るついでに汚れたショーツや服を洗う人はとても多いですが、実はこれが血を取れなくしている原因となっているのです。
ついてしまった出血は、水で洗う様にしましょう。
血液はタンパク質の成分で出来ています。タンパク質は熱を加えると高まる性質があるので、お風呂のついでに洗う事によって、実際は取れやすかった汚れを自分で取れにくくしてしまっています。
汚れに気付いたらすぐに、水で洗う様にしましょう。
なかなか取れない時は、石けんや、ハイターを使って水で洗えば、ほぼ100%取る事が出来ますよ。

~時間が経ってしまった血後~

なかなか水でも落とせないのは、出血がついてしまっている事に気付かずに放置してしまっていた汚れです。
これは、水で洗っても、そう簡単に取れない場合があります。
そんな時は、大根おろしを使いましょう。
何、その、おばあちゃんの知恵袋的な感じと思われるかもしれませんが、大根にはタンパク質を分解する働きを持つ、アルカリ性が入っています。
大根おろしで出た汁を歯ブラシ等で、古い血に染み込ませながら叩く様に落とせば、綺麗になっていく事間違いなしです。
大根おろしは食べ物だし、抵抗があると思われる方は、マジックリンを利用してみましょう。
通常のマッジクリンを2~3倍に薄めて、汚れの部分にしみこませ暫く置いて下さい。
何度かこの作業を繰り返し、水洗いをして行けば、マジックリンと一緒に血の跡も流れて行ってくれるはずですよ。
お気に入りの服等に限って、汚れはついてしまうものですが、この方法を知っていたら、何も怖くありません。消えない血染みはないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です